「モノ」の価値とは?

deer.jpg

洋服やアクセサリーに、食器や道具。生活の中で昔から使われ続けているものに対して、「昔のものだから良いモノ」という言葉をよく耳にします。
今のような便利な機械や素材がなかった時代に作られた“モノ”は、手間暇と費用をかけられ、結果何年もの使用に耐えうる強度・実用性・デザイン性を兼ね備えた本当の「良いモノ」なのでしょう。
仕事場への通勤路でお見かけする、スカーフ使いにこだわりを感じるいつも素敵なおばあちゃん。
モダンなワンピースをお洒落に着こなし、上品できれいなお姿につい見とれてしまいます。ある日「素敵なお洋服ですね。」と声を掛けたら、「ずっと昔のものよ」と恥ずかしそうに仰っていましたが、そんなおばあちゃんが身に付けておられるものもまた、ずっと長く着ることが出来る「良いモノ」なのだと思います。
「今の人々はクローンみたいに同じ、使い捨てのゴミを着ているわ」
と語っていたのはイギリスのファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。かつては“パンクの女王”として知られ、今は数々の環境活動でも知られる彼女のメッセージのひとつに、
Buy less(たくさん買わない):賢く、質のいいものを「選択」をしましょう。考えなしに次から次へと使い潰すのではなくて、「選択」という行為をもっとすべきです。
というものがありましたが、おそらくヴィヴィアン・ウエストウッドと同世代だと思われる近所のおばあちゃんは、そんな生き方をされているのでしょう。
私がデザインやモノづくりの仕事に携わるようになり、いろいろなモノと対峙していく中で、「どんどん移り変わる流行や、外からの評価に合わせてモノを買い続けることってどうなんだろう?
もうそろそろ、外からの評価ではなく自分の価値観で「良いモノ」を選ぶ事が必要な時代になっているのではないか?」という疑問がわいてきました。
もしみんなが制服みたいに同じファッションで歩いたとしたら、例えそれが今年のトレンドで流行の最先端だとしても、それでどれだけ幸せになれるのでしょう?来年も幸せになれるのでしょうか?
毎年のトレンドと最先端の流行を追い続ける事は、きっと楽な事ではないはずです。しかし私はそんな“制服”そのものよりも、そこに見え隠れする「その人らしさ」や「こだわり」、「遊び心」にその人の想いや人間味を感じてほほえましくなったりします。誰にだってきっと、ずっと変わらず胸がきゅ~んとするような大好きなものや、出来れば一生使い続けたいって思うような想いのこもったものがあるはずです。そんな“もの”が、使い続ける事で「その人らしさ」や「こだわり」に変化していくのではないでしょうか。
激安ブランドやディスカウントショップに行くと、気軽にショッピングを楽しむことができます。その気軽さゆえにいつもとは違う挑戦が出来て、自分の新たな一面と出会えるきっかけを見つけることが出来るかもしれません。そこで出会える“ずっと使い続けたい大好きなもの”にも出会えるかも知れません。しかしその気軽さゆえに今度は、「いっそ古いものは捨てて、すべて買い換えてしまおうかしら?」という新しい考えさえ浮かんできます。
いらなくなったら捨てればいい。古くなったら買い替えればいい。それは一見とてもシンプルな事ですが、ふとその捨てられたものの行き先を考えた時、自然の摂理に反しているような違和感をも感じます。
毎年の流行に合わせて買い替えられるものは、10年後、20年後、いったいどれだけの量になるのでしょう。人類全体がそんなものの使い方をすれば、未来の地球上には何が残るのでしょう。
洋服を作るための生地を手にすると、自然の素材=地球の一部を預かっているんだという実感がわいてきます。またそれは同時に責任感も感じます。
なんでもないものだけど、そこに想いがある大切なもの。もう着なくなった中古の洋服がリメイクして生まれ変わった新しいもの。
モノづくりをしているとそんな、「いらないモノ」が「いるモノ」に変わるとか、「かっこわるい」と思っていたものが「かっこよく」なるとか、そういう価値の逆転が面白く感じるようになってきました。
ものが沢山あふれている便利なこの時代だからこそ、より地球規模の大きな視点で物と向き合い、価値のあるものを作る努力を続けることが、「モノ」の作り手でありデザイナーとしての責任だと思っています。

Continue Reading

一期一会

tamari-ateliershop.jpg

型紙を置いた時に使う、ペーパーウェイト。
重ねられる洋裁専用のものもあるのですが、小さいサイズがほしかったりいろんな形がほしかったり。
今日出かけた“つむぎ市”出会ったのは、かぼちゃのような形のペーパーウェイトです。
交野市にある“翁再生硝子工房”さんで作られた、再生硝子のハンドメイドのもの。
ひとつひとつ色や形が違うのでかなり悩みました。
探している時にはなかなか出会わないのですが、ふとした時に出会うんですね。
そんな出会いを大切にしていきたいなーと思いました。

Continue Reading

今日の製作日記

ドレープワンピースd.jpg

今日は、東京都のお客様からのご注文頂いたカスタムワンピースの仕上げをしました。
最近はオンラインショップや雑誌等のお蔭で、遠方からもご相談やご来店していただく事が増えてきてありがたいです。
もとはこちらのワンピース、売り切れになってしまったものですが、ひとまわり大き目のアンティークボタンと通年向けの少し厚めの素材でお仕立てさせていただきました。

untitled.bmp

このタイプのワンピースは素材やカラー違いでずっと製作しているのですが、
結婚式やパーティー、お食事会など、フォーマルなお出かけ着としてご利用いただく方も多いです。
こちらのひとまわり大きいアンティークボタンのバージョンも素敵。
やや張りのある素材なので、きれいなドレープになりました。

ドレープワンピースC.jpg ドレープワンピースB.jpg a.jpg

カスタムデザインやサイズのご変更など、出来る限りご対応させて頂きますので、
どうぞお気軽にご相談ください。
アトリエ&セレクトショップ TAMARI

Continue Reading

鳥のアンティークブローチ

birdsYL.jpg

売り切れになっていたアンティークブローチも、続々入荷しました。
プラスチック製のアンティークブローチは、軽いのでお洋服や小物の素材にダメージを与えにくいのもうれしいですね。
動物モチーフのアクセサリーは多いのですが、中でもに鳥のモチーフのものが増えてきました。

アンティークブローチ アンティークブローチ アンティークブローチ アンティークブローチ アンティークブローチ アンティークブローチ

今どれくらいの種類があるのだろう?お客様に聞かれてたので数えてみると、
スワン、ツバメ、オウム、カモ、アヒル、孔雀など、鳥のブローチは全部で22種類ありました。
鳥モチーフ好きの方にはぜひオススメです♪

Continue Reading

Autumn has come!

IMG_1331.JPG

秋の気配をちらほら感じられるこのごろ、
秋といえばおいしい食欲の季節がやってきますが、心地のいい季節はオシャレを楽しむのにも嬉しい季節ですねー。
店内では、少しずつ秋物に入れ替わっているところです。
こちらはマルチアンティークボタンのカーディガン。

IMG_1332.JPG

アンティークボタンは1950年代~70年代のものです。よく見るとストライプだったり模様が入っていたり。ゴールド&シルバーのマルチカラーなので、どんなカラーのアクセサリーにも相性が◎
胸元にアンティークのマルチスタンドネックレスをあわせてみました。
こんなボリュームのあるアクセサリーともオススメです。

Continue Reading

きょうのBGM

今お店で流しているのは、昨日たまたまラジオから流れてきて
久しぶりに聴いたハービーハンコックの“Cantaloupe Island”。
ピアノとトランペットが心地イイ♪

こちらは、90年代初めにUS3がサンプリングした“Cantaloop”。
私の世代はこちらのほうが馴染みがあります。こちらのバージョンもイイネ!

以上、私タマミカの好みでBGMをきままに紹介する、“きょうのBGM”のコーナーでした。

Continue Reading

つむぎ市 in 城山台

9_RIMG6879.JPG

Handwritting logo, illustration and flyer designed by TAMARIdesign.
〈 糸をつむぐように人と人をつなぐ〉
想いのある野菜・身体にやさしい食べ物・心にとどく手作り
その他ワークショップなども。
手作りのもの、野菜、お菓子とその作り手の方達。衣食住のいろんなつながりを感じられそうです。
ちなみにTAMARIdesignは、イラスト&フライヤーのデザインをさせていただきました。
つむぎ市 in 城山台
2012年9月16日(日) 10:00-16:00
城山台(JR木津駅東)
http://blog.goo.ne.jp/tsumugi1

Continue Reading

今日の製作日記

今日は、アンティークチェコガラスとアンティークパーツを使ったイヤリングのご注文がありました。
イヤリングの方も最近はかなり多いですね。
TAMARIのオリジナルアクセサリーは、ピアス・イヤリングのどちらにも対応できるようにしています。
こちらが今回使用するアンティークガラスのパーツ。ボヘミアングラスなどで知られるチェコガラスは、上品な色味と深い質感が素敵。

アンティークチェコガラス

真鍮のアンティークビーズです。ひとつひとつに細かい模様がはいっています。

アンティークパーツ/ゴールド

このビーズを、ひとつひとつ長さの違う3本のチェーンに付けていきます。

アンティークパーツ アンティークパーツ

アンティークチェコガラスのパーツを取り付けて、装着金具に取り付けて、ハイ!完成です。

アンティークパーツのピアス/イヤリング

ちなみに、左がイヤリングのパーツです。一見ピアスのようなバネ留め式です。
右がピアスの留め具です。お豆のような形のキドニービーンタイプです。

イヤリングピアス

オリジナルアクセサリーケースに入れてお届けしますので、プレゼントにも如何ですか?
左:ムーンチェコガラスのピアス/イヤリング(MAC-039) 4,800yen
右:ホワイトチェコガラスのピアス/イヤリング (MAC-022) 4,800yen

アトリエ&セレクトショップ TAMARI
〒630-8113 奈良市法蓮町1232
OPEN FRI-TUE 12:00-18:00
オンラインショップはこちら
Continue Reading

集団通勤

アトリエショップへは近鉄奈良駅から歩いて15分程です。
土地柄、その途中でときどき遭遇するしかちゃん。

120820_1030~01.jpg

のんびり、民家の生け垣の葉っぱをかじりったりしながら歩いています。
兄弟かな?仲良しです。

120820_1030~03.jpg

この子たちはまだ子供みたい。
あまり警戒心がないです。

120820_1031~01.jpg

交差点でどっちに行こうか悩んでいる様子。
車に飛び出しそうで見ているほうもヒヤヒヤです。
この後一緒に横断歩道を渡って、奈良公園のほうに道路の真ん中をぶらぶらあるいて行きました。
奈良に住んでいると見慣れた風景ですが、こんな奈良のほのぼの通勤風景でした。

Continue Reading

夜長堂復刻デザインレターセット

0121RB-01t.jpg

ヴィンテージ雑貨バイヤー「夜長堂」の復刻デザインレターセット。
彼女がコレクトする大正時代や昭和初期のデパートや文具店のラッピングペーパー、着物のハギレなどのモダンな図柄やデザインを復刻するシリーズです。

夜長堂レターセット/うさぎ夜長堂レターセット/フラワー夜長堂レターセット/白鳥夜長堂レターセット/ツバメ

昔の千代紙のような懐かしい風合いの紙質と印刷方法で作られています。
個性的なレターセットとしてお手紙を書いたり、便箋の裏面は無地なのでラッピングペーパーとしても。

夜長堂レターセット夜長堂レターセット

モダンだけれど、どこかほっとする昔ながらの懐かしいデザインや風合い。
そんな便箋で贈り物は如何ですか?※メール便(送料一律¥160)でもお送りいたします。

アトリエ&セレクトショップ TAMARIでは一点物や数量限定のオリジナルアイテムのほか、アート雑貨やヴィンテージ等のセレクトアイテムもご紹介しています。

アトリエ&セレクトショップTAMARI
http//tamaridesign.com
オンラインショップ:http://item.rakuten.co.jp/suari/
Continue Reading